プロフィール

ロジックダイエット プロフィール サムネイル

ロジック本人
ロジック
数あるダイエット系サイトの中から、当サイトに訪問いただき、誠にありがとうございます。
「プロテインダイエット アドバイザー」のロジックダイエットと申します。

ロジックダイエットのコンセプト

このサイト、「ロジックダイエット」ではProtein Diet: (Protein=タンパク質を主軸とした、Diet:食習慣の改善)通じて、人生の質を上げていこう、つまり、QOL(Quality of Life)の向上を目指していこうというコンセプトに基づいて情報発信を行っています。

ただ一時的に体重を落とし、「やった、ダイエットできた!」と喜び、その後ダイエットをやめたら「アッ」という間にリバウンドしてしまった、といったことは目指していません。

自分のカラダとしっかりと向き合い、年齢を重ねるごとに衰えていく筋肉や細胞をどうやって健康的に維持していくのか、カラダを作り上げるプロセス、そこから多くを学び、学んだことを人生に活かしてQOLを上げていく、このようなコンセプトでサイト作りに取り組んでいます。

健康的なカラダ作りは、必要な筋肉を鍛えるトレーニング、いわゆる「筋トレ」はもちろんですが、食事や休養、ストレスの少ない環境づくりといった人間にとって当たり前の要素がとても重要です。

これらすべての質が高ければ、快適に、そして確実にQOLが向上することを容易に想像していただけるかと思います。

栄養バランスの取れた食事と適度な筋トレ、そしてしっかりと休養を規則正しく取ることで、ココロもカラダも健康な状態を維持できるだけでなく、見た目も改善することはもちろんのこと、何をやるにもポジティブに挑戦できますので、自己肯定感も自信もアップします。

たしかに、筋肉をつけながら(維持しながら)健康的に生活を送ることは簡単なことではありません。

しかし、実践する価値は大いにあります。

なぜなら、達成したときの喜びやカラダ作りで得ることのできる様々な恩恵は何事にも代えがたいものがあるからです。

“You are what you eat.”

どのようなものを食べているかであなたのカラダ、人柄、健康状態までもが決まってしまいます。

「ダイエット」とは「食べること」、つまり「食習慣」のことです。

「プロテイン」は私たちのカラダを構成する大切や栄養素であるタンパク質のこと。

プロテインダイエットには私たちが快適に生きていくための3大要素、「栄養・運動・休養」がすべて含まれています。

プロテインダイエットを通じてQOLの向上を目指すため、ロジックダイエットでは情報を発信しています。

このようなコンセプトに共感していただき、応援していただけるなら、SNSでのフォローやいいね、シェアなどぜひよろしくお願い致します。

連絡先 : info@logic-diet.com
<Twitter
<Facebook
<Instagram
<お問い合わせ

経歴・実績

人気ブログランキング ダイエット4部門で1位獲得!

人気ブログランキング ダイエット部門1位

  • ダイエット部門:総合1位
  • 運動ダイエット:1位
  • 健康ダイエット:1位
  • 体質改善ダイエット:1位

これまでに行ってきたQOL向上セミナー:100本以上

  • タンパク質と栄養学セミナー
  • PFCバランス見直しダイエットセミナー
  • スキル化セミナー
  • ココロの法則セミナー
  • コンフォートゾーン解説セミナー
  • RAS認識&体験セミナー
  • 体内環境の特徴セミナー
  • 量子生物学的考察セミナー
  • 潜在意識と顕在意識セミナー
  • デジタル通貨入門セミナー
  • 「ロンリのチカラ」セミナー など

豊富な失敗・挫折経験

  • 運転免許所試験、大学入試、剣道昇段試験など、試験とつくものはことごとく失敗。1回で突破した試しがない
  • 2000~2012年の12年間もダイエットとリバウンドを繰り返す豊富な失敗経験
  • 残業200時間超のブラック企業から突然「自己退職勧告」をうける屈辱を味わう

プロテイン歴8年のプロテイン・サプリメントマニア

常時ストックされているサプリ棚

常時ストックされているサプリ棚。

1日3回は訪れる家族公認(!?)のストッカー。

常連さんから新人君まで、全員ここで待機中です。

これまで試して体感のあったサプリたち

今までに試して体感の良かったサプリたち。

レビュー記事を書くにも、自分で試して本当に納得するものだけを情報としてシェアしています。

もちろん、メリット・デメリット両方とも余すことなく公開しています。

年間でサプリメントに自己投資した金額(実績ベース)

  • 2012年度:219,290円(税別)
  • 2013年度:257,580円(税別)
  • 2014年度:289,569円(税別)
  • 2015年度:302,559円(税別)
  • 2016年度:309,852円(税別)
  • 2017年度:312,589円(税別)
  • 2018年度:345,481円(税別)
  • 2019年度:496,964円(税別)

本業のエンジニアリングで米国特許を10本以上取得

特許の記念碑

こちらの写真は、パテント(特許)を記念して送られてきた記念碑です。

写真は一部で、これ以外にも記念碑がないものを含めて12本(2019年現在)の特許を所有しています。

ロジックの基本スペック

  • 名前:ロジック (論理的思考を得たことでダイエットもプライベートもうまくいき、本業では特許も取れたので、論理力に敬意をはらい、ロジックと名乗っております)
  • 年齢:もうすぐアラフィフ40代
  • 出身:千葉県(成田空港の近くでした)
  • 家族構成:妻1人(当たり前ですね)、息子、娘、マルチプーの4人+1匹の家族
  • 職業:超論理派の技術系エンジニア、週末はQOL向上のために教鞭を執るセミナー講師
  • 性格:几帳面で素直、楽天家。(超素直すぎて、住宅詐欺にハマってしまうところでした・・・)
  • 好きなこと:食事、筋トレ、ブログ更新、二刀流を極めること(剣道4段)、プロテインを飲む、様々なサプリメントを試してみるサプリオタク、クルーズで家族旅行、国立公園巡り
  • 苦手なこと:人ごみの中に入る

今日に至るまでのストーリー

上記の経歴・実績では、かなりキラキラした人生を送っているのかと思われてしまうかもしれません。

しかし、実際は七転び八起きのバタバタ人生でした。

社会人になってみると・・・

私は学生の頃は体育会系に所属しておりました。

中学校までは陸上と剣道を、高校・大学では硬式テニスを行っていました。

もともと理系人間だったので、何かにハマると論理的に突き詰める癖があります。

小さいころからプロレスや格闘技が好きで、観戦するだけではなく、実際に柔道の道場に入門して、稽古を行っていました。

しかし、それは建前で、実際は稽古の始まる前と終わった後に柔道とはまったく関係ない飛び技や関節技など、本を読み漁って、ビデオをスロー再生にしてすり減るほど繰り返し見て、メモを取って研究しながら趣味に没頭しておりました。

格闘家にあこがれたこともあり、筋トレやランニングなどのトレーニングも中学校の頃から行っていました。

基本的に、カラダを動かすことが好きで、そのせいか、食べることも大好きで、かなりの量を食べていたと思います。

どのくらい食べたかというと、焼肉セットを1人前だけ頼んで、ご飯はお替り無料だったので、どんぶりで5~6杯ほど食べていたと思います。

さらに、デザートは別腹でしたから、そのあとにアイスクリームなども食べていました。

社会人になってからは、幸か不幸か最前線の現場に配属され、残業時間が200時間を超えることもある激務な環境に身を置くことになりました。

今までの運動生活とはガラリと変わって、「起きる→現場に行く→家に帰って寝る」を繰り返す日々が続きました。

激務中の唯一の楽しみは昼食と夕食でしたから、余計に食べることに対して至福の時を感じていました。

というよりも、ある意味「執着心」だったのかもしれません。

今思い返してみると、当時の自分は全くそんなことは感じませんでしたが、自分では気づいていない肉体的・精神的なストレスを食べることで発散していたのかもしれません。

学生時代に比べて運動量は減っているにもかかわらず、今まで通り食べ続けてていました。

そのため、気付いてみたら身長は169cmで変わらないのに、体重は80kg超、体脂肪は20%以上になっていました。

会社の健康診断で「脂肪肝」と太鼓判を押されました。

さすがにこのままではいかんなと思い、ダイエットに挑戦しました。

ダイエットに挑戦するも失敗の連続だった

もともと、カラダを動かすことは好きだったので、「ダイエットなんて簡単だろう」とたかくくっていました。

しかし実際にふたを開けてみると、痩せては太る、また痩せては太るとダイエットとリバウンドをずっと繰り返す日々が続いてしまいました。

  • 仕事が忙しいから仕方ないか
  • 時間が取れないせいだ
  • この前試した〇〇ダイエットが自分には合わなかったからだ
  • あのサイトで得た情報が間違っていたんだ
  • 悪いのは私のせいではない!!

気付いてみると、このような言い訳ばかりが出るようになり、一向に痩せる気配もなく、気付いてみれば12年も経過していたのです!

この間に行った数々の「〇〇ダイエット」とうたわれている特定のことだけをするダイエットや短期間で痩せる「△△だけダイエット」はすべて無意味であることを実体験で学びました。

ダイエットにおける意識の転換:他人事ではなくなった同僚の突然死

当時の私は、たしかにダイエットをしてはリバウンドを繰り返していました。

今思い返してみると、ダイエットに対して真剣に向き合うことができなかったのでしょう。

ところが、この考えを一変せざるを得ない恐怖を目の当たりにする経験をしています。

なぜなら、私の勤めている職場で、同じ部署の3人が突然死を迎えたからです。

  • 1人は家族で訪れた湖でボートを楽しんでいる時に、突然の心筋梗塞で湖に転落。そのまま帰らぬ人に。
  • もう1人は、趣味のバイクで高速道路を友人と走行中に突然気分が悪くなり、バイクを止めて事故には至らなかったものの、病院へ搬送されるも対応が間に合わず帰らぬ人に。
  • 3人目は、海外出張から帰ってきた次の日に急に体調が悪くなり、そのまま帰らぬ人に。

この3人に共通していたことは

  • 見た目はいわゆる「中年のおじさん」体型で、お腹はポッコリとでていてが、激太りしていたわけではない。
  • 前日まで普段と変わらず元気に出社していて、次の日に心筋梗塞を引き起こすような雰囲気もなかった。
  • 突然体調が悪くなり、そのまま帰らぬ人となった。
  • 年齢が自分と同年代であった。

職場で挨拶を交わしていた同じ部署の人が、次の日には突然帰らぬ人になってしまったことが3件も起きたことで、これは他人ごとではないと痛感しました。

これを機に、自分のカラダと健康について真摯しんしに受け止めるようになり、ダイエットに真剣に取り組みました。

2012年1月に本気のダイエットに試みました。

その結果、当時体重81kg、体脂肪率22%だったカラダを6か月で67kg、9.8%にすることに成功しました。

ダイエット成功の記録:6か月間の体重・体脂肪率の推移グラフ

すべてがうまくいったかのように思えましたが、人生の問屋はそうは簡単にはおろしてくれませんでした。

リバウンドとの戦い → 突然の自己都合による退職勧告 → 家族崩壊の危機

またもやリバウンドとの戦い

1度はうまくいったダイエットでしたが、またリバウンドとの戦いが始まりました。

同僚の死を目の当たりにして、真剣に取り組んだダイエットですが、ダイエットが成功した安堵感と時間がたつにつれ同僚の死の恐怖が過去の出来事だったかのように過ぎ去ってしまい、日を追うごとに体重と体脂肪率が徐々に増え始めました。

「あ~あ、まただめなのか。。。」

と自己嫌悪感に陥り始めたとき、泣きっ面にハチのような出来事が起きました。

部長と課長に急にホテルの一室に呼び出される

しばらくして、普段は本社勤務で来ることのないはずの事業部長がオフィスに現れました。

「客先の打ち合わせでもあるのかな」と思って午前中は通常勤務していました。

昼食を取り終えて午後の勤務を始めようとしたら、1本の電話が。課長からでした。

「駅前の〇〇ホテルの△△号室に15:00に来てほしい」

その伝言だけ受け取り、指示されたとおりにホテルの部屋に向かうと、なんと朝見た部長がいるではないですか。

何が始まるのかと思いきや、開口一番

部長:「ロジックダイエット君には自己都合で辞めていただきたい

・・・。

・・・。

・・・は?

何が起きているのかわかりませんでした。

私:「なぜですか、理由は何ですか?」

部長:「今月中に返事をもらいたい」

私:「何か悪いことでもしましたか?」

部長:「いいね、今月中に自己都合で辞めると報告してほしいんだ」

・・・

・・・

暖簾のれんに腕押しとはこのことかと思うほど、一方的な自己都合に見せかけた解雇宣告

残業200時間超のブラック企業のブラックぶりがここではっきりとわかりました。

ダイエットでも苦戦し自己嫌悪感が高まっているところに「辞めろ勧告」を受け、精神的にボロボロになりました。

さらには家族崩壊の危機

ダイエットでの自己嫌悪感、会社からの退職勧告で精神的にはボロボロ、ストレスは最大限にたまっていたせいか、家族にも気づかぬうちに当たってしまったのでしょう。

あまりのショックから妻には会社から退社勧告をうけたとも相談できず、子供の世話もおろそかになり、妻へのケアもできない状態に。

かといって仕事は早く帰れるわけでもなく、家に帰るころには日付が変わるころになっており、週末はその疲れからか起きられず、妻の不満も高まるばかり。

「もうあなたとは一緒にやっていけないから、実家へ帰らせていただきます」

と妻と子供は妻の実家へ。

正直思いました、「人生終わったな」と。

人生どん底のとき、師が現れた!

自分のカラダのこと、仕事のこと、家族のこと、すべてでストレスを抱え、もうダメかとあきらめかけた時、1人の救世主が現れました。

その人は仕事で普段から私の仕事っぷりを唯一買ってくださっていた、憧れだった別事業部の課長さんで、社内でも知られる「鬼」の異名を持つ異端児でした。

その異端児ぶりから嫌われる人には嫌われるが、仕事力、営業力、政治力、どの面においても他を秀でていて、社長をはじめ役員にも一目置かれる存在でした。

たまたまその課長さんと仕事で一緒になり、事の運びとすべての事情を説明したところ

鬼:「なにぃ~、そんなことがまかり通るとおもっているのか、あのバカ(私の部長のことです)」

私:「理由もわからずやめろと言われ、成果が出ていないならまだしも、きちんと成果も出していますし、何と返事してよいか本当に困っています」

鬼:「よし、俺に任せろ、おまえは何も言わずに待っていればいい、わかったな」

私:「。。。はい」

そう言って、私のすべてを引き受けてご自身の部署に帰られました。

もみ消したから!

それから数日して、突然部長が再び私の営業所に現れ、例のホテルに呼び出されました。

部長:「例の返事の件だが、何をしたんだ、君は。とにかく、ロジック君、先日の話はなかったことにしてくれ

とてもばつが悪そうにそう告げると、ホテルの部屋を出て帰っていきました。

「!?」

何が起きたのかわかりませんでしたが、どうやら事なきを得たようです。

しばらくして、憧れの鬼課長から電話があり

鬼:「ロジック、あぁ、例の件だけどな、・・・もみ消しといたから!

私:「・・・あっ、ありがとうございます」

鬼:「引き続き、仕事頼むわ。ロジックがいないと俺の仕事成り立たんから」

私:「はい、アクセルべた踏みで頑張ります!」

あのときの鬼課長のカッコよさと言ったら、今でも忘れることができません。

そこから私の逆転劇が始まりました。

鬼課長にあこがれて、そして鬼の行動開始!

前述しましたが、なぜ私が鬼課長にあこがれていたのかというと、仕事ができることはもちろんのこと、背は高く、しっかりと鍛えられたカラダで、一言一言に重みがあり、ときにガクッとなるような落ちのあるネタ話でも人を魅了し、人情厚く、自分のど真ん中を迷わず生きるその姿勢にあこがれていました。

たとえるなら、『筋トレビジネスエリートがやっている最強の食べ方』の著者で、ツイッターでも90万人以上のフォロワーのいるTestosteroneさんのような方でした。

Testosteroneさんのツイッタープロフィール画像

<出典>Testosteroneさんのツイッタープロフィールより

まずは彼の見よう見まねで、仕事、食事、ふるまい方など、言葉は悪いですがパクれるところはすべてパクってやろうと徹底的に模範にさせていただき、思考をするよりもまずは行動をとりました。

そこから徐々に自分のカラダや身の回りに起こる変化に気づいていきました。

つべこべ言わずに行動する

小さな成功体験を得る

うれしくてさらに行動する

また小さな成功体験と失敗の両方を得る

どうすればもっとうまくいくのか、思考を巡らせながら行動するようになる

ますます成功体験が重なる

すべてが楽しくなり、様々な面でQOLが向上する

これを機に、自分のカラダと健康について真摯しんしに受け止めるようになり、ダイエットについても真剣に学び取り組むようになりました。

12年もの間、痩せてはリバウンドを繰り返す人生に幕を下ろし、「これが最後」とダイエットを決意し、なぜ今までうまくいかなかったのか、徹底的に調べました。

そして、関連する本や論文を読みまくり、成功者の思考法を強制的に頭に叩き込みました。

高額なセミナーにも清水の舞台から飛び降りる覚悟で参加しました。

結果として数百万円以上を自分に先行投資しました。

そこから私の人生大逆転劇が始まりました。

精神論でもきれいごとでもなく、極めて現実的で論理的な方法だった。

今までは、どちらかといえば気合と根性で乗り切るタイプで、自分のモチベーションが下がると行動量も下がり、周りの目を気にしながら生きていました。

ところが、鬼課長の行動をとことん真似て、自分でも常に勉強し、筋トレで自分に自信がついてくると、すべては極めて現実的で論理的な取り組みの連続であることに気づけたのです。

カラダの調子が良いと気分も優れ、考え方も物事を見る視点も今までとはガラリと変わりました。

どのようにすればリバウンドせずに体系を維持できるのか、さらに理想とするカラダになるためにはどうすればよいのかと、ますますダイエットの実践とボディメイクに熱中するようになりました。

筋トレで常に自分の限界に挑戦することで、あきらめない強い心と、自分の筋肉は、自分が手塩をかければかけるだけ反応してくれ、「筋肉は裏切らない」ことを実感し、徐々に自信を取り戻しました。

カラダの見た目も内側にある心の持ちようもかわり、その甲斐あってか、仕事でも結果を出せるようになりました。

あこがれていた技術研究所本社への栄転も決まり、出世もしました。

そして技術系の特許も取得できました。

プライベートでも一時期、家族崩壊の危機がありました。

1年半近く家族別居の状態もありました。

しかし、本物のダイエット法に出会ってカラダもココロも余計なものをそぎ落としたら、解決する道が見えるようになり、それに従って行動した結果、妻にも自分の想いが伝わり、今では家族4人(妻・息子と娘)で同じ方向を見ながら一緒に楽しく生活を満喫しています。

ダイエットの本質を理解して感じたこと

食べることは相変わらず好きで、とくに「米系」や「焼き菓子系」には相変わらず目がない状態です。

今まではダイエットのためと、大好きなお酒やお菓子を我慢していましたが、今ではあれこれと我慢せずとも、食べたいときに、食べたいものを、食べたいだけ食べても太らない自信があります。

仮に太ってしまってもすぐに戻すことができるようになったため、食べ物に対する制限や執着心がなくなり、ますます食べることが楽しくなってきました。

見た目も「ポチャ」っとした体系から「キリっ」と引き締まり、筋肉も付いてきました。

以前の私を知らない人から「かっこいいカラダしてるね」と褒められたときは、ものすごくうれしかったことを今でも鮮明に記憶しています。

最近では、友達や知り合いからダイエットやトレーニングの方法について質問されることも増えてきました。

私が出会った本物のダイエット法からいくつかアドバイスをしたところ、友達も成果が出てきたと喜びの報告を受け、ただ自分が気づいたことをシェアしただけなのに、それを聞いた相手も成果がでたので、こちらまでうれしい気持ちになりました。

しかしながら、私が実際にダイエットの失敗と成功の両方を体験して思うことは、世の中には「〇〇するだけで」、「短期間で」、「これを飲むだけで」という言い文句のダイエットに関する情報やサプリメントなどであふれかえっていることにあります。

「簡単にダイエットできる」という情報は本当に体脂肪を落として健康的なカラダを提供したいとは思っていません。

むしろ、自分たちの利益だけを考えてそのような情報をばらまいているのです。

また、SNSやメディアの情報を見ていると、“本物のダイエット”というと、医師から痩せないと死にますよと言われて尻に火が付いた状態以外の人には、あまり興味を持ってもらえなかったり、そこまで必要なことだとは思わない人が多い印象があります。

それよりも、欲している情報としては

  • 目標達成メソッド
  • ダイエットの効率を劇的に上げる方法
  • ダイエットのモチベーションに困らないようになる方法
  • 短期間に痩せる方法
  • 最短で痩せる方法

といったことに関心があるのではないでしょうか。

「そんな精神論的なことはいいから、そんなマインドセットなどいらないから、そんな綺麗事はいいから、もっと具体的にダイエットを成功させる方法が知りたいんだ! もっと具体的に使えるノウハウを知りたいんだ!」

これがほとんどの方の考え方ではないでしょうか。

正直、昔の私はまさにコレでした。

ここに断言します!

マインドセットほど、あらゆることに直接、そして大きく影響を与える成功の主要因はありません。

なぜなら、すべての行動を決めているもの、それはあなたの脳だからです。

あなたが何か新しいことに挑戦するにも、継続するにも、あなたの心の声の許可を得ないことには続けることはできません。

つまり、あなたの脳の中に凝り固まっている「思考の流れ」があなたの現実を引き寄せているのです。

私は決して「楽に」、「短期間で」とは言いません。

その反対に、ダイエットでは最低でも3か月以上の時間と必死の努力を行うことが必要であると正直に言います。

その代わり、私はダイエットの「本質」だけを伝えます。

ダイエットにおいても、仕事においても、プライベートにおいても、何をしていてもあなたの思考の流れ、つまりマインドセットができているのか、ということがパフォーマンスや結果に大きくかかわるという事実を多くの人が軽視しすぎています。

なぜあなたは軽視できるのか?なぜマインドセットを大事にしないのか?

マインドセット、つまり思考の流れとパフォーマンス・結果の因果関係を知れば知るほど、体感すればするほどつくづく思うのですが、多くの人は

あなたのマインドセット(思考の流れ)があらゆるパフォーマンスの質を決める

という事実を、そしてその意味を分かっていないのです。

つまり、あなたのマインドセットがしっかりとできていれば、その時の行動の質(パフォーマンス)は上がり、マインドセットができていなければ、その時の行動の質(パフォーマンス)は下がります。

このように文章で書くと、当たり前のこととして見えてとてもシンプルなのですが、このことがどれほどあなたの毎日に、日常に、人生に影響を与えているのかを理解している人は少ないと言わざるを得ません。

勝手に反応するだけ

マインドセットがしっかりとできて、思考の流れが成功者の流れに代わると、

  • 行動のパフォーマンスが上がる
  • 望む結果が出せるようになる
  • 一度身に付けてしまえば、一生モノの財産となる
  • ふさわしい現実が引き寄せられる

あなたにとって良いことだけしかありません。

マインドセットがしっかりとできている人は、物事の本質がわかるようになり、本物のノウハウだけを見抜き、ダイエットで確実に結果を出すことができます。

ただし、前述のとおり、「楽に」、「短期間で」という方法はありません。

そのような方法は、この世に存在しないことを認識してください。

そのような考え方は今すぐ捨ててください。

大学受験の際に、受験生が1年以上必死で勉強して試験に合格できるのと同じように、あなたの思考の流れを変えるには、それなりの時間と努力が要求されます。

人間のカラダは、およそ3か月ですべての細胞が新しいものに入れ替わるといわれています。

脳の中にある「思考の流れ」を入れ替えるにも、最低3か月はかかると思います。

正直、ココが一番大変だと思います。私もそうでした。

これができなかったため、12年も遠回りしてしまいました。

その代わり、一度身に付けてしまえばダイエットにおける思考の流れは一生モノの資産となります。

もうダイエットで一生困ることはないでしょう。

自分に投資せよ!

さあ、今こそ立ち上がる時です。

当サイトでは私が学んできたこと、感じたこと、失敗と成功の両方を実際に体感してわかったこと、すべての情報を余すことなく公開しました。

あなたには、私が12年間も遠回りしてしまった経緯を体験することなく、ダイエット本質理解していただき、1度身に着けたら「一生に渡って太るリスクなし!をぜひ体感していただきたいのです。

当時の私と同じように悩んでいらっしゃる方が必ずやいると思います。

私、ロジックダイエットが強くおすすめすることは、栄養バランス(PFCバランス)を整え、筋トレを適度に行うプロテインダイエットです。

私たち人間のカラダ(生体系)が今のメカニズムで成り立っている限り、タンパク質と筋肉の重要性がダイエット、しいては私たちの健康の主要因であることには変わりません。

12年間も遠回りをしてしまった私にもできました。

次はあなたの番です。

ロジックがわかれば、ダイエットなんて簡単です!!

今ココに集中すれば必ず道は開ける

私が現在に至るまでに経験した様々な上り下りの峠道。

もし途中で止まっていたら、今日の私にはたどり着けなかったことでしょう。

どんなにゆっくりでも、たとえ1ミリでもよいので前進できれば、必ずや道は開け、たどり着けます。

過去も未来もない、あるものは「今ココ」だけ!

私はこの記事を作成している段階で43歳ですが、人生100年時代とすると、まだ半分も生きていないことになります。

もしかしたら、この先大きな病気をして命を落とすことも、明日事故にあって死んでしまうかもしれません。

今までに味わったつらい過去も、これから来る未来も、結局は「今この瞬間の繰り返し」でしかないと気づけた今、私にできることは何だろうと疑問を持つようになりました。

「未来」は「いまだにない」と書いて未来、つまり、未来など待てど暮らせど永遠に向こうからやってきません。

未来は未来の「今この瞬間」であり、過去は過去の「今この瞬間」の積み重ねです。

少し先のことを不安に思って、今の心のパフォーマンスを落とすくらいなら、今この瞬間にできることだけに全力で取り組み、喜怒哀楽を十分に満喫したほうが、よっぽど健康的だ!と一連の騒動を体感して学びました。

私が鬼課長に巡り合えたのも、そして今のメンターに出会えたのも、すべては今の繰り返しを全力で生き抜いてこその結果だと実感しています。

今のメンターから、物事をクリティカルにとらえ、あらゆることに対して学ぶホモ・サピエンスとしての喜びを教えていただきました。

そこから、私もジャンルを問わず、気になったことを学ぶようになり、今社会の抱える問題点が少しずつですが見えるようになってきました。

今の私にできること

国民医療費・対国内総生産・対国民所得比率の年次推移

<出典>:厚生労働省 平成29年度 国民医療費の概況より

このグラフは、医療費が毎年増えている状況を鮮明に示したものです。

明らかにGDP(国内総生産)と国民所得の推移を上回る勢いで医療費が伸びていることがわかります。

今の政府は医療費を抱えるべく、税金を上げる策を取っていますが、私が実体験したことから、もっとお金をかけずに日本を元気にする方法を知っています。

それは、北欧スウェーデンがリサイクルを保育園・幼稚園の頃から徹底的に教育し、今では国のリサイクル率を99%にまで引き上げた方法に似ています。

幼稚園・保育園といった幼少期からしっかりとしたリサイクルに関する知識と取り組みを行えば、物心つく頃にはそれが知恵となり、その世代が大人になれば、親の背中を見て育つその子供・孫の世代にも受け継がれ、高いリサイクル率をお金をかけずに作るシステムが構築できます。

もし日本も幼稚園・保育園の頃から正しい栄養学、タンパク質と筋肉の重要性についてしっかりと教育できれば、20年後その世代が大人になり、その知恵が子供・孫へと引き継がれれば、心身ともに健康を取り戻せ、このような医療費の増大は簡単に防げるでしょう。

今できること=情報を発信すること

私は医者でもなければ専門家でもないです。

しかし自身の12年間に及ぶリバウンド地獄を正しい栄養学と筋トレに出会い脱出し、心身共に健康体となった実績から、健康体であるメリットとリバウンドに陥りやすい落とし穴については事前に伝えることはできますし、そこから始まるQOL向上のすばらしさについても語ることができます。

また、私がこれまで書籍や高額セミナーで学んだこと、体験から得た知恵などは情報として発信することができます。

本を出版することもできるでしょう。

しかし、私が学んだことは、「習うより慣れろ」。思い立ったらまず行動。

それからぶち当たった問題点を一歩ずつ解決してゆけばよいと今まで行動してきました。

スウェーデンの取り組みをニュースで知り、ならば自分の子供にもと、週末は自分の子供が参加するコミュニティーにて下は5歳の子供から、子供たちとその保護者、上は87歳のおばあさんまで、私の学んだ体験談をセミナー形式でシェアしています。

セミナーを始めて、気づけばもう4年が経過していますが、どうせ発信するならインターネットを使わぬ手はない、とこのサイトを立ち上げました。

私は正しい栄養学の知識と筋トレの普及が日本人のストレス低減、医療費削減、しいてはGDPの向上、そして誰もがQOLの高い人生を満喫し、「強い日本」を取り返せると信じてやみません。

このようなコンセプトに共感していただき、応援していただけるなら、SNSでのフォローやいいね、シェアなどぜひよろしくお願い致します。

連絡先 : info@logic-diet.com
<Twitter
<Facebook
<Instagram
<お問い合わせ

当サイトでよく読まれている人気ページ

ダイエットは食事制限で決まる!半年で14㎏痩せた極意

ダイエットは食事制限で決まる! サムネイル

【永久保存版】脂肪燃焼のメカニズムをどこよりもわかりやすく解説!

脂肪燃焼のメカニズムの図

ダイエットを決意できない人に届けたい!腹をくくる簡単な方法
ダイエットを決意できない人に届けたい腹をくくる簡単な方法 サムネイル

© 2020 ロジックダイエット Powered by AFFINGER5

鏡の前で笑顔になれる人生に投資しよう!筆者おすすめのサプリ
詳しくはコチラ
鏡の前で笑顔になれる人生に投資しよう!筆者おすすめのサプリ
詳しくはコチラ