なし

プロテインダイエットにおすすめ!効果のある人気ランキング5選

複数の成分を同時に摂れるプロテイン・EAAおすすめ

プロテインはダイエット中に不足しがちなタンパク質を効率よく補ってくれるサプリメント(栄養補助食品)です。

「プロテイン」のサプリメントといってもさまざまな種類やタイプがあり、どのプロテインを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、この記事ではダイエットにおすすめのプロテイン(EAA)と複数の成分を一緒に摂れるおすすめサプリメントをランキング形式でご紹介いたします。

(EAAとはEssential Amino Acid :必須アミノ酸のことで、タンパク質の主要構成要素です)

選び方のポイントや押さえておきたい飲み方やタイミング、プロテインの種類なども幅広く徹底解説いたします。

プロテインとは何か?

そもそも、プロテインとはどのようなものなのでしょうか?

なぜダイエットや効率的なカラダづくりのためにはプロテインが必要なのでしょうか?

「もっとも重要」なプロテイン?

そもそも、「プロテイン」とはどのようなものなのでしょうか?

プロテインと聞くと、タンパク質を摂取するためのサプリメントとして認識されていることが多いように感じますが、もともとは「タンパク質」の英語読みであるProtein(プロテイン)からきた言葉です。

英語のProteinは、ギリシャ語の「Proteios:プロティオス」が語源となっているようで、これは「一番の」、「一位の」、「第一人者の」、「もっとも重要なもの」といった意味を持つそうです。

ちなみに、この名称を最初に使ったのはオランダの科学者ムルダーで、1838年に発表した論文中で使用しました。

プロテインの語源が「もっとも重要なもの」を表すかの如く、私たちのカラダは水とプロテイン(タンパク質)の塊といっても過言ではありません。

筋肉はもちろんのこと、頭の先から足の爪の先まで、すべてタンパク質によってできています。

タンパク質は、カラダの中でさまざまなはたらきをしてくれる大切な物質です。

以下にその例を記載します。

タンパク質の主なはたらき


  • 筋肉・骨・歯をつくる
  • 皮膚・髪の毛・爪をつくる
  • 血管・血液をつくる
  • 酵素をつくる
  • ホルモンをつくる
  • 抗体(カラダに入ったウイルスや細菌をカラダから追い出すための物質)をつくる

なぜダイエットや筋トレにはタンパク質が必要なのか?

カラダのラインを決めるもの

あなたは、オリンピック選手やスポーツ選手、ミケランジェロの「ダビデ像」などを見て「いいカラダしてるなぁ」と感じたことはありませんか?

もしオリンピック選手が丸々と太っていたり、ダビデ像がビール腹だったりしたら、「いいカラダしてるな」とは思わないはずです。

男性であれば年齢と共にたるんできたお腹ではなく、腹筋がしっかりと割れていることがわかり、逆三角形でスーツの似合う理想的な体型。

女性であれば年を取ったら重力に負けてすべてがたるんでしまうおばさん体型ではなく、女性らしい”曲線美”がしっかりと強調され、出るところは出て、引き締まったところは引き締まっている美ボディを手に入れたいもの。

この違いはどこから来るのでしょうか?

カラダのラインを決めているもの、それはカラダに蓄えた体脂肪ではなく筋肉です。

なぜなら、体脂肪は自らの意思で動かすことができず、ただ溜まることしかできません。

そのため、溜まれば溜まるほど重力によって下に引っ張られてしまうため、ボヨンと締まりのない形が作り出されます。

しかし、筋肉は意志によって動かすことができます。

つまり、筋肉は重力に逆らって形を決めることができます。

カラダのラインを理想に近づけるためには、筋肉に刺激を与えて大きくすることが最短・最速の方法になります。

筋肉を大きくするためには、次の3つのサイクルを繰り返す必要があります。

筋肉を大きくするための3サイクル


  • 筋肉へ刺激を入れる
  • 栄養補給を行う
  • 休養して筋肉を修復させる

筋肉を大きくするための3サイクル

体脂肪を減らすためにはタンパク質が必要

なぜタンパク質がダイエットに必要なのでしょうか。

ダイエットは、余分な体脂肪を落とすことから始まります。

このとき、タンパク質が体脂肪を減らす重要な役割を担っていることを知らなければなりません。

なぜなら、カラダにたまった体脂肪を燃焼させるためには、タンパク質が体内で分解されたアミノ酸が必要不可欠だからです。

極論を言えば、タンパク質(アミノ酸)なしに体脂肪は燃えないのです。

カラダの体脂肪が燃えるメカニズム(仕組み)については、下記関連記事で詳しく解説しています。

体内のアミノ酸を高い状態で保持するためには、タンパク質の積極的な補給が必要です。

どのくらいのタンパク質が必要なのか?

さて、私たちは1日にどのくらいのタンパク質を摂る必要があるのでしょうか。

厚生労働省から2014年に発表された「日本人の食事摂取基準(2015年版)」によると、成人男性の場合、1日に60gのタンパク質(およそ体重1kgあたり1g)を摂取する必要があるとされています。

しかし、この数値はあくまでも必要最低限な量を示しただけで、とくに運動をしていない一般人における参照値です。

なぜなら、筋肉をつけてかっこいいカラダになりたい、本格的にダイエットに挑戦したいと考えている人には足りない数値です。

スポーツ栄養に関する世界的に大きな学会である「Academy of Nutrition and Dietetics(栄養と食事のアカデミー」、「American College of Sports Medicine (アメリカスポーツ医学会)」、「Dietitians of Canada (カナダ栄養士会)」が共同で発表したガイドライン「Nutrition and Athletic Performance(栄養とアスレティックパフォーマンス)※」によると、『ダイエット中のタンパク質必要量は、体重1kgあたり1.2~2.0gである』としています。

また、同紙※によると、運動習慣のある人を対象に2週間行った食事制限によるダイエットで、タンパク質を体重1kgあたり1g摂るグループと2.3g摂るグループに分けて経過を観察したところ、体重1kgあたり2.3gのタンパク質を摂取したグループは、体重・体脂肪は減少しても筋肉量が保持されたと報告しています。

※Nutrition and Athletic Performance Position of Dietitians of Canada, the Academy of Nutrition and Dietetics and the American College of Sports Medicine, J Acad Nutr Diet. 2016 Mar;116(3):501-528. doi: 10.1016/j.jand.2015.12.006.

私もダイエットを行うにあたり、体重1kgあたり2.3~2.5gのタンパク質を摂りながら筋トレを週2~3回行って、およそ5か月で体重-7.8kg、体脂肪率-3.3%のダイエットに成功しました。

高タンパク質ダイエット実施時の体重推移グラフ

Fitbitアプリを用いて体重・体脂肪を記録した結果より

ロジック・ダイエットでは、計算しやすいように体重1kgあたり2gのタンパク質を摂取することをおすすめしています。

たとえば、体重が60kgの人の場合、1日に必要なタンパク質の量は体重を2倍してkgの“k”をとればよいのです。

60kg×2 = 120kg

kをとって

120g

タンパク質が不足するとどうなるの?

私たちのカラダにとってもっとも重要な栄養素であるタンパク質ですが、不足してしまうとどうなってしまうのでしょうか?

タンパク質は私たちのカラダを構成する、いわば材料のようなものです。

とくに、ダイエットのために運動や筋力トレーニング(筋トレ)行っている人は、筋肉がダメージを受けるため、そのダメージを修復するために普段よりも多くの材料が必要となります。

材料が不足すると、次のような不調が現れてきます。

タンパク質不足で起こるカラダの症状


  • 筋肉の減少
  • 肌や髪、爪のトラブル
  • 集中力・思考力の低下
  • 精神的に不安定になる・うつになりやすい
  • ストレスがたまる
  • 疲れやすい
  • 貧血
  • 顔や手足のむくみ
  • 病気にかかりやすくなる
  • 痩せにくくなる

趣味のスポーツでパフォーマンスを向上させたい、スコアを伸ばしたい、理想的なカラダになりたい、本格的にダイエットに挑戦したいという人には、タンパク質を多く摂取することをおすすめします。

タンパク質を効率よく摂取するには?

タンパク質を自分に必要な量(体重×2g)摂ろうとすると、意外と大変なことに気付いた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

たとえば、体重が60kgの人であれば、体重1kgあたり2gで計算すると1日に120gのタンパク質を摂取する必要があります。

これは、ステーキに換算するとおよそ600g前後、たまごなら18個以上、牛乳であれば4L程度に相当します。

これらの食材はタンパク質だけで構成されているわけではなく、脂質も含まれていますので、簡単にカロリーオーバーとなり、使い切れなかったエネルギーは体脂肪として蓄えられてしまいます。

食材 120gのタンパク質を摂取するのに必要な量カロリー
ステーキ600gおよそ 1600kcal
たまご18個以上およそ 1400kcal
牛乳4リットルおよそ 2700kcal
ホエイプロテイン140~150gおよそ 550kcal

そこでおすすめなのがプロテインです。

プロテインとは栄養補助食品のことであり、簡単に言えば、必要な栄養素だけをギュッと詰め込んだ超濃厚なタンパク質食品です。

タンパク質が豊富な食材は数多くあれど、余分な脂質などを抑えてタンパク質を補給するならプロテインが圧倒的に効率がよいです。

タンパク質20gの目安

<出典>
『改訂 見て覚える食品の栄養価 食品80キロカロリーガイドブック』、香川綾、女子栄養大学出版部、およびBULK SUPPLEMENTS.COM CLEAN & PURE BULK SUPPLEMENTSより栄養素を抜粋しグラフ化

体脂肪を増やさずに筋肉量を増やすためには、食事だけでは摂り切れないタンパク質をプロテインで補うことが効果的です。

さらに、ダイエット中こそプロテインを活用したいところです。

なぜなら、ダイエット中は体脂肪を減らすために摂取するカロリーを消費するカロリー以下に抑える必要があり、摂取カロリーを抑える(食事を制限する)ため、どうしてもタンパク質が不足気味になります。

プロテインをうまく活用することで、無駄なカロリーは摂取せずに必要なタンパク質を効率よく摂取することができます。

プロテインの種類

プロテインのサプリメントといっても、さまざまな種類があります。ここではその中から代表的な3種類について解説いたします。

ホエイプロテイン

ホエイプロテインは牛乳に含まれるタンパク質の一種で、母乳の成分に近いです。

ヨーグルトを食べるときに、上澄みにできている透明な液体を見たことがある方もいらっしゃるかと思います。

あの液体のことをホエイ(乳清)といいます。

このホエイに含まれているタンパク質がホエイプロテインです。

さらに、ホエイプロテインはその精製方法で次の3種類に分けることができます。

ホエイプロテインの製法特徴
WPC製法
(Whey Protein Concentrate)

濃縮膜処理法とも呼ばれている。原料となる乳清をフィルターでろ過処理して得られた液体を濃縮して作る。

ろ過処理のため、乳糖(牛乳を飲んでお腹が緩くなる原因となる物質)が完全には取り切ることができない。

タンパク質含有量は80%前後。

WPI製法
(Whey Protein Isolate)

イオン交換法とも呼ばれている。WPC製法で分離されたタンパク質をさらにイオン交換して作られるため、乳糖の割合が非常に低く、タンパク質含有量も90%前後と高くなる。

牛乳でお腹を壊してしまう方にでも安心して飲める。

ただし、その工程数の多さから、WPC製法よりも製造コストがかかるため、価格は若干高めになる。

WPH製法
(Whey Protein Hydrolysate)
加水分解ペプチドとも呼ばれていて、微生物に含まれる酵素などを用いて、WPCをペプチド状態(タンパク質の大本の材料であるアミノ酸が10~数十個につながった状態)に分離したプロテイン。
プロテイン含有量は95%程度と最も高く、その分価格も高い。

ホエイプロテインのメリット・デメリット

ホエイプロテインのメリットは、筋肉の合成に欠かせない必須アミノ酸、とくにBCAA(Branched-Chain Amino Acids:分岐鎖アミノ酸)が豊富に含まれています。

また、他のプロテインに比べて体内に吸収されるスピードが速い特徴があります。

デメリットは、後述するソイプロテインと比べると価格が高いことでしょうか。

商品によってはソイプロテインと混ぜて製造することで価格を下げているものや、商品1g当たりに含まれるプロテイン含有量を控えめにしたものなど、価格面で工夫がなされています。

原材料が牛乳のため、牛乳を飲んでお腹がゴロゴロしてしまう方は、ホエイプロテインでもお腹の調子が悪くなる場合があります。

牛乳を飲んでお腹の調子が悪くなる方は、牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素(乳分解酵素=ラクターゼ)が少ないか、そのはたらきが弱いことがわかっています。

ホエイプロテインはその製法により乳糖を完全に除去できないものがあるため、牛乳よりは乳糖の割合が少ないものの、敏感な方はホエイプロテインの乳糖でも反応してしまうためです。

牛乳を飲むとお腹がゴロゴロ(緩くなって)しまう方は、乳糖の割合が少ないWPI(ホエイプロテイン アイソレート)を選ぶと安心して飲んでいただけます。

私の知人からWPC(ホエイプロテイン コンセントレート)を飲んでお腹が若干緩くなってしまったと相談を受けたことがあります。

そこでWPIをすすめたところ、お腹のゴロゴロがなくなったとうれしい報告を頂きました。

ホエイプロテインはこのような方におすすめ


  • 運動の前後やトレーニング前後にプロテインを飲まれる方
  • 飲みやすく味がおいしいプロテインを探している方
  • 本格的にダイエットに取り組もうとしている方
  • 筋トレなどで強い肉体を手に入れたい方

カゼインプロテイン

ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分とするプロテインです。

ホエイプロテインとの違いは、カゼインプロテインはチーズやヨーグルトを固める成分(一般に乳固形分と呼ばれるもの)をベースに作るプロテインです。

エイプロテインに比べて体内に吸収されるスピードが緩やかになります。

カゼインプロテインのデメリットはホエイプロテインに比べてアミノ酸のシステインの含有量が少ないため、ホエイプロテインに比べて免疫力へのメリットが少ないことです。

カゼインにはシステインが少ないことです。
システインが多いとグルタチオンが増えるため、システインを多く含むホエイを飲むと免疫が高まるという話を前にしました。
そのためカゼインには免疫向上のメリットが少ないのです。

システイン摂取によるグルタチオン産生量増加は、窒素バランスを改善して筋肉量を増やすことにつながります。(※49,※50)この面からもホエイはカゼインに勝っていると言えます。
<出典>
山本義徳 著 『アスリートのための最新栄養学(上)~三大栄養素編』

49:Abnormal glutathione and sulfate levels after interleukin 6 treatment and in tumor-induced cachexia. FASEB J. 1996 Aug;10(10):1219-26.

50:Effect of supplementation with a cysteine donor on muscular performance. J Appl Physiol (1985). 1999 Oct;87(4):1381-5.

また、カゼインプロテインのロイシン含有量はホエイプロテインよりも低いため、ホエイプロテインと同じような効果を得るためには摂取量を増やす必要があります。

カゼインプロテインは乳固形分が原材料のため、独特のドロドロ(ネットリ)感があり、このドロドロ感が苦手な方もいらっしゃるかもしれません。

カゼインプロテインはこのような方におすすめ


  • いろいろなプロテインを試してみたいと考えている方
  • ゆっくりとタンパク質を吸収したいと考えている方
  • 「とろみ」のあるプロテインが好きな方

ソイプロテイン

ソイプロテインの原料は、名前の通りソイ(大豆)のタンパク質だけを粉末にしたものです。

ソイプロテインのメリット・デメリット

ソイプロテインのメリットは、大豆に含まれているイソフラボンの効果もあり、血流改善などが期待できます。

また、カゼインプロテインと同様に体内への吸収スピードが緩やかなので、満腹感が持続します。

大豆を粉末状にしたものですので、ホエイプロテインよりも価格が安いのも特徴の1つです。

ソイプロテインのデメリットは、大豆を粉末状にしたものなので、他のプロテインに比べて粉っぽくなりやすく、溶けにくいためダマになりやすいことが挙げられます。

最近ではコストを抑えるために遺伝子組み換え大豆を使用しているケースもあり、安全性に問題がある場合があります。

さらに、海外での研究結果を確認すると、植物性タンパク質の吸収率に疑問が残る調査結果が出ているものもあります。

ソイプロテインを選ぶ場合は、信頼性のあるものを選びましょう。

ソイプロテインはこのような方におすすめ


  • 腹持ちの良いダイエットに向いたプロテインを探している方
  • 宗教上の理由などから動物性タンパク質を摂取できない方
  • コストパフォーマンスのよいプロテインを探している方
  • ホエイプロテインでお腹が緩くなってしまう方

プロテインを摂取するタイミングについて

タンパク質は1度に大量に摂取してもすべてが使われることはありません。

そのため、1日に複数回に分けて摂取することが筋肉を発達させるうえでのポイントとなります。

では、プロテインはいつ摂取するのが効果的なのでしょうか?

間食として

1日3食の方であれば、食事からタンパク質を摂取できます。

しかし、食事と食事の間が長く空いてしまい、体内のタンパク質(アミノ酸に分解されてプールされている)量が減ってしまうと、筋肉を分解してタンパク質を作り出そうとします。

筋肉の分解を防ぐために、間食にプロテインを飲むことは有効です。

運動開始の1時間前などにプロテインを飲むことで、体内のタンパク質(アミノ酸)レベルを高い状態にして運動に入ることができるので、有効です。

また、プロテインは高タンパク・低脂質・低糖質のものが多く、1回当たりのカロリーも低く抑えられます。

さらに、味もチョコレート、ストロベリー、バニラ、キャラメルなどバリエーションが豊かです。

間食にスナック菓子などを食べる代わりにプロテインを飲むことで余分なカロリーを摂らずに空腹を満たすこともできます。

運動前・運動後

エクササイズや筋トレといった運動を行うと、運動から受けたストレスによって筋肉は傷ついていきます。

傷ついた筋肉は体内のタンパク質を使ってすぐに修復が開始されます。

このとき、体内のタンパク質(アミノ酸)量が不足していると、傷のついていない筋肉を分解してタンパク質(アミノ酸) を作り出します。

筋肉量が減ってしまうと、消費されるエネルギーも減ってしまい、太りやすく痩せにくいカラダに。

これを未然に防ぐには、運動前に体内のタンパク質(アミノ酸)を増やしておけば良いのです。

運動のおよそ60分前にプロテインを飲んでタンパク質を補給してあげると効果的です。

また、運動後は大量のエネルギーや栄養素が消費された状態です。

スポンジで言えばカラカラの状態。

このタイミングでプロテインからタンパク質を補給してあげれば、スポンジが水を素早く吸収するかの如く、運動後45分以内は筋肉へのアミノ酸運搬量が3倍にアップすると言われています。

タンパク同化作用が高いタイミングにアミノ酸やタンパク質を摂取すれば、より筋肉を形成しやすいということになります。つまり言い換えれば、運動後45分以内がもっとも筋肉を形成しやすい時間と言えます。

<出典>
森永製菓 プロテイン公式サイト 「運動後45分がプロテイン取得のゴールデンタイム

運動のおよそ60分前と運動後45分以内がプロテインを飲むゴールデンタイムです。

就寝前

寝る前に食べると太るイメージを持たれている方も多いかと思います。

実は寝る前のプロテイン補給は、健康的なカラダづくりにとって大変有効です。

就寝前にプロテインでタンパク質を補給するメリット

  • 1日の最後に不足したタンパク質を補うことができる
  • 成長ホルモンの効果を最大限に引き出すことができる
  • 睡眠の質を向上させる

成長ホルモンは運動によって傷ついた筋肉を修復し成長させるはたらきと体脂肪を燃焼しやすくするはたらきがあります。

就寝前30分~60分にプロテインを飲むと、成長ホルモンの効果を高め、睡眠の質が高まり、1日の疲れがしっかりと取れ、次の日の活力になります。

逆に睡眠の質が悪く、成長ホルモンがしっかりと分泌されないと太りやすい状態になってしまいます。

成長ホルモンには脂肪を分解する作用があるので、成長ホルモンが足りないと「メタボ」になってしまいます。逆に「メタボ」の人は成長ホルモンが出にくくなっています。

<出典>

日本医科大学老人病研究所疫学部門 教授 南 史朗「成長ホルモンの話」、『街ぐるみ認知症相談センター Newsletter』、Vol.3 September 2011

また、寝ている間は睡眠時間の分だけ食事を摂らない時間でもあるため、途中でタンパク質を補給することができません。

そのため、寝る前にタンパク質をしっかりと補給してから寝てあげることがカラダづくりには欠かせません。

プロテインの選び方

ここまでプロテインの効果や摂取のタイミングなどを確認してきました。

プロテインの選び方について確認しておきましょう。

安全性・信頼性

プロテインに限らず、サプリメントは体内にいれるものです。

そのため、まずは安全な商品であることが前提となります。

明らかに安すぎるサプリメントは、それなりの品質でしかありません。

残念ながら、日本にはサプリメント先進国のアメリカのようなサプリメントの有効性の根拠、および安全性について厳しく規制するような法律がなく、たとえば適正製造規範を証明するGMP(Good Manufacturing Practice)などの義務化もありません。

つまり、日本においてはサプリメントを製造・販売する企業の倫理観にすべて任せられているため、「安かろう悪かろう」のことわざが当てはまります。

品質管理のしっかりとなされている(それをしっかりとうたっているメーカー)のサプリメントを選ぶといった、安全に対する自己意識を高める必要があります。

内容成分の量と組み合わせ

しっかりと望む結果を得たいのならば、それなりに栄養成分もしっかりと補給する必要があります。

プロテインには他の成分、たとえばビタミンや食物繊維、筋肉・筋力アップを期待できるHMBなど相乗効果が高いものが配合されているものもあります。

相乗効果が期待できるHMB配合がおすすめ


せっかくプロテインを摂ってダイエットや肉体改造に着手するなら、更なる進化を遂げたいですよね。

そこでおすすめがHMBが配合されているプロテインです。

HMBは国際スポーツ栄養学会(ISSN:International Society of Sports Nutrition)が2018年にサプリメントに関する報告を行いました。

これまでに報告された筋トレとサプリメントの研究結果をまとめ、それぞれのサプリメントの効果をエビデンスに応じて3つのレベルに分類しています。

その中で、HMBサプリメントはプロテインと並んで「明らかに安全で、効果のある強力なエビデンスを示すもの」に分類されています。

また、厚生労働省が5年に1回更新する各栄養素に対する見解をまとめた「2015年度 日本人の食事摂取基準」でHMBについて言及しています。

HMBのダイエットに関する効果については、下記関連記事で詳しく解説しています。

それぞれのサプリメントを別々に購入して飲む場合と比べると、初めから複数の成分が配合されているプロテインの方が1回当たりの使用料(コスト)を安く抑えることができます。

サプリメントに関する知識が少ない方やこれからプロテインを使ってダイエットに励もうとしている方には複数の成分が配合されているプロテインがおすすめです。

目的に見合ったコストパフォーマンス

いくら良いものをといっても、自分の予算に見合わない高額なサプリメントでは、お金が続きません。

ダイエット成功の秘訣は「続けること」です。

どんなに優れたプロテインを飲んで筋トレや運動をしたとしても、1週間や2週間でカラダに変化は起きません。

カラダの細胞が入れ替わる期間はおよそ90~100日と言われています。

つまり、ある程度の結果を出すためには、最低でも3ヵ月は継続する必要があります。

あまりに価格が高すぎて継続して使用できないようでは意味がありません。

あなたが許容できる投資金額で、継続できる範囲のプロテインを選びましょう。

飲みやすさ

プロテインには様々なフレーバーがあり、チョコレート味、バニラ味、パッションフルーツ味、ノンフレーバーなど、いろいろな味が楽しめます。

どんなに優れたプロテインでも、飲み続けられなければ意味がありません。

飽きずに継続できるお気に入りのフレーバーを早めに見つけることも、ダイエットや健康的なカラダづくりの成功の秘訣と言えます。

癖がなく、継続して飲み続けられる味のプロテインを選びましょう。

ダイエットにおすすめのプロテインランキング5選

ここからはダイエットにおすすめのプロテインをランキング形式で紹介します。

前述の「プロテインの選び方」を踏まえて、あなたに合ったプロテインを使ってみましょう。

自信があるから全額返金保証付き!1ヶ月間お試し可能のプロテイン

ビルドメイク24

株式会社 北の達人コーポレーション
ビルドメイク24
ミルクココア味(690g)

初回購入価格 5533円 4980円

公式サイトで詳細を見る

1回分のコスト※ 166円

※1回分のコストはお試し定期コースから算出

PFCバランス:製品23gあたり
タンパク質14.2g、脂質2.6g、炭水化物3.7g
ビルドメイク24のPFCバランス

プロテインダイエットを始める人におすすめのHMB配合プロテイン

初めてプロテインを飲む方や、プロテインダイエットで本格的にダイエットに挑戦する方に共通する悩み、それは「プロテインは本当に効果があるの?」と考えることです。

なぜなら、当時の私も初めてプロテインを試してみるときに、「本当に効果があるのだろうか?」、「効果がなかったらどうしよう・・・」と不安になったことを今でも覚えています。

残念ながら当時はプロテインの価格も高く、種類も現在のように豊富ではありませんでした。

また、インターネットも普及する前でしたので、プロテインに関する情報も少なく、雑誌で紹介されていた記事を見よう見まねで始めるしかありませんでした。

清水の舞台から飛び降りる覚悟で初めて試したプロテインは、価格が高い割にはお世辞にもおいしいとは言えず、苦い経験をしたことを鮮明に覚えています。

あの当時に、この「ビルドメイク24」があったらと、この記事を書きながら強く思います。

ビルドメイク24最大の特徴は、効果が出なかったり気にいらなかったりしたら、全額返金を保証してくれる点です。

昨今、市販されているプロテインは多種多様になりましたが、全額返金保証のついたプロテインはビルドメイク24以外にありません(2019年11月現在)。

そこにはビルドメイク24の誕生秘話が隠されています。

北の達人コーポレーションの信頼性

ビルドメイク24は株式会社 北の達人コーポレーションが自社開発と販売を行っています。

北の達人コーポレーションは、商品開発に力をいれており「びっくりするほど良い商品ができたときだけ商品化する」という独自のルールと企業理念を持って製造・販売しています。

これは、発売前にモニター調査を行い、一定以上の人が効果を感じた物だけを商品化する徹底ぶり。

このモニター調査は第三者機関に依頼して、商品名・ブランド名・会社名・成分名などの情報を全て伏せた状態で、過去に北の達人コーポレーションが販売する商品を使ったことがない方にモニター依頼しています。

このモニター調査を潜り抜け、見事合格したのがこの「ビルドメイク24」です。

つまり、すでにユーザーから効果のあった回答を得てから商品化しているので、安心感・満足度・効果についてはお墨付きなわけです。

しかも、その絶対の自信から全額返金保証までつけた、東証一部上場企業が製造・販売するプロテインはこのビルドメイク24だけです。

ダントツのコストパフォーマンス

ビルドメイク24のもう1つの特徴はそのコストパフォーマンスの高さです。

ビルドメイク24はダイエットや筋トレにも効果のあるHMBを1750mg配合しています。

本来、HMBとプロテインを別々にそろえると、どうしてもコストがかさんでしまいます。

しかし、ビルドメイク24はHMBとプロテインを同時に摂取できますので、コストパフォーマンスに優れています。

ホエイプロテインとソイプロテインを配合することで両方のメリットを総取り

「ビルドメイク24」はホエイプロテインとソイプロテインを配合したハイブリット型のプロテインです。

吸収されるスピード速いホエイプロテインと吸収が緩やかなソイプロテインを同時に摂取することで、体内に吸収されるプロテインのスピードを調整することにより、効率よくタンパク質を体内に吸収できるよう工夫がなされています。

なぜなら、1回当たりに体内へ吸収できるタンパク質量には上限があり、どんなに良質なタンパク質を1度に摂ってもすべて吸収しきれない場合があります。

吸収できずに余ってしまったタンパク質は、カラダ(特に肝臓)への負担になったり、脂肪に変換されて体脂肪として蓄積されてしまうリスクがあります。

「ビルドメイク24」は吸収速度の違う2種類のプロテインが同時に摂取できるので、一度に吸収できるタンパク質量が限られていても、より無駄のないプロテイン補給を可能にしてくれます。

このように吸収スピードの違うプロテインをうまく配合して、時間差をかけて効率よく補給できるプロテインは「タイムリリース型」とも呼ばれています。

また、ソイプロテインは腹持ちがよく満腹感が持続するため、ダイエットにも適したプロテインであると言えます。

「ビルドメイク24」はHMBが1750mg配合され、ホエイプロテインとソイプロテインのダブルプロテインで吸収効率を最大限に考慮した、全額返金保証のついた一押しのプロテインです。

どれにしようか迷ってしまったり、自分に合うかどうか不安だったりする人は、まずビルドメイク24の全額返金保証制度をうまく利用してプロテインの効果を試してみることをおすすめします。

ビルドメイク24おすすめポイント


  • ホエイプロテイン + ソイプロテイン + HMB配合のハイブリッド型プロテイン
  • 全額返金保証付きで1ヶ月間実際に試してから継続するかどうか決められる
  • タイムリリース型のプロテインでタンパク質の吸収効率を最大限に発揮
  • HMB配合プロテイン中では一番コスパが良い
  • 女性にもうれしいソイプロテイン配合
  • 腹持ちがよくダイエットに最適

【配合成分】

大豆タンパク(国内製造、大豆を含む)、乳清タンパク(乳成分を含む)、HMBカルシウム、粉末油脂(食用植物油脂、コーンシロップ)、ココアパウダー、L-カルニチン、クリーミングパウダー、食塩、オリーブ葉抽出物、マルトデキストリン/香料、乳化剤、甘味料(スクラロース、アセスルファムK)、カゼインNa、微粒二酸化ケイ素 ※HMB1,750mg配合(HMBカルシウムとして)

プロテインの種類ホエイプロテインとソイプロテインの混合脂質2.6g
安全性・信頼性表記無しカロリー95kcal
製造元表記無し注目の成分HMB、L-カルニチン

味良し・コスパ良し・安全性高しで女性にも人気、文句なしの一品

HMBプロテイン18000

株式会社ECスタジオ
HMBプロテイン18000
フルーツミックス味(600g)× 2袋

初回購入価格 12000円 6000円

公式サイトで詳細を見る

体験レポートを読む

1回分のコスト※ 267円

※1回分のコストは3か月分の合計価格から算出

PFCバランス:製品40gあたり
タンパク質22.52g、脂質2.2g、炭水化物11.52g
HMBプロテイン18000のPFCバランス

ホエイプロテインとHMBの両方を配合した優れもの
ホエイプロテインに加え、筋トレに効果的なHMBを配合。

従来のプロテインを使用するコストと変わらずにHMBまでしっかりとカバーできます。

また、飲みやすさと味にもこだわっていて、16種類のフルーツパウダーを配合することで、より風味豊かな味になり、スムージーを飲むのと同じような感覚で飲むことができます。

その味は、ミシュランシェフやソムリエによって付与される味に関する高品質を認める証であるiTQi 国際優秀味覚を2018年度に受賞するほどの美味しさです。

【配合成分】

HMBプロテイン18000の配合成分

乳たん白(ホエイプロテイン)、難消化デキストリン、HMBカルシウムフルーツ果汁末(マルトデキストリン、りんご果汁、洋ナシ果汁、グレープフルーツ果汁、パッションフルーツ果汁、レモン果汁、赤ブドウ果汁、ストロベリー果汁、パイナップル果汁、マンゴー果汁、ライチ果汁、オレンジ果汁、キウイフルーツ果汁、もも果汁、ブルーベリー果汁、クランベリー果汁、ラズベリー果汁)、酸味料、香料、ヒマワリレシチン、甘味料(ステビア)増粘多糖類、紅花色素

プロテインの種類ホエイプロテイン脂質2.2g
安全性・信頼性GMP認定工場、HACCP採用、有機JAS認定取得、放射線検査済みカロリー156kcal
製造元国内(三生医薬株式会社)注目の成分HMB

HMBプロテイン18000おすすめのポイント


  • ホエイプロテインにHMBが配合されている
  • HMB配合のホエイプロテインでは1回当たりのコスパがよい
  • 飲みやすさピカイチ!2018年度 iTQi 国際優秀味覚賞を受賞
  • 品質にもお墨付き! PAVONE Premium Quality Award2018最高金賞を受賞
  • 口コミ・レビューにおいても、男性からも女性からも高評価を受けている

手軽に摂取できて90日間完全返金保証がついたEAA

パーフェクトビルドEAA

株式会社メイクボディ
パーフェクトビルドEAA
120粒入り

初回購入価格 7900円 630円

公式サイトで詳細を見る体験レポートを読む

1回分のコスト※ 153円

※1回分のコストは4か月分の合計価格から算出

PFCバランス:製品100gあたり
タンパク質75.01g、脂質1.81g、炭水化物0.03g
パーフェクトビルドEAAのPFCバランス

今話題のEAAとHMBが同時に摂れる錠剤タイプ

EAA(Essential Amino Acid:必須アミノ酸)はタンパク質を構成する主要成分です。

タンパク質とアミノ酸

<出典:キューピーホームページより「タンパク質とアミノ酸」>

タンパク質は20種類のアミノ酸から構成されていますが、その中でもカラダの中で作り出すことのできない必須アミノ酸は、ダイエットやボディメイクにおいて重要な役割を持っています。

EAAはタンパク質がすでにバラバラに分解された状態になっていますので、体内への吸収スピードがプロテイン比べて早いことが特徴です。

とくに運動中は体内のタンパク質(アミノ酸)が不足しがちになりがちです。

EAAであれば飲んですぐに体内に吸収されますので、運動前、運動中の栄養補給に最適です。

また、ボディメイクに有効なHMBやダイエットにも効果的な成分がギュッと詰まっていますので、本気で筋肉を成長させながらダイエットに取り組みたい人にはオススメのサプリメントです。

【配合成分】

パーフェクトビルドEAA配合成分

HMBカルシウム塩、クレアチンモノハイドレート、L-シトルリン、コロハ種子エキス、コレウスフォルスコリ抽出物、トンカットアリ抽出物、黒胡椒抽出物、マカ粉末、松樹皮エキス末、精製魚油、粉末油脂(中鎖脂肪)、亜鉛含有酵母、マグネシウム酵母、結晶セルロース、L-ロイシン、L-フェニルアラニン、L-リジン塩酸塩、L-トレオニン、L-バリン、L-ヒスチジン塩酸塩、L-イソロイシン、微粒二酸化ケイ素、L-メチオニン、ステアリン酸Ca、酵素処理ルチン(強化剤)、L-アルギニン、L-グルタミン、L-チロシン、クエン酸、L-アスパラギン酸ナトリウム、ビタミンB6(一部にゼラチンを含む)

アミノ酸の種類必須アミノ酸脂質1.81g(製品100gあたり)
安全性・信頼性GMP認定工場カロリー316.44kcal(製品100gあたり)
製造元国内注目の成分HMB、EMR(酵素分解ルチン)、クレアチン、コレウスフォルスコリ、フェヌグリーク、松樹皮エキス、グルタミン、クエン酸、バイオペリン、トンカットアリ、マカ

パーフェクトビルドEAAのおすすめポイント


  • 錠剤タイプのサプリメントなので水だけで簡単に摂取できる
  • プロテインに比べ体内に吸収されるスピードが速い
  • 筋力アップだけでなく、ダイエットにも有効な成分が多く含まれている
  • 毎月先着300名は初回購入費用が実質無料
  • 効果が感じられなかったときは90日間の完全返金保証付き
  • 日本栄養・健康食品協会GMP認定の国内工場で生産されている

ボディメイクに有用な成分を1杯に込めて配合した優れもの

パーフェクトパンププロテイン

株式会社イッティ
パーフェクトパンププロテイン
抹茶ミルク味、ミックスベリー味(1000g)

初回購入価格 9800円 4900円

公式サイトで詳細を見る

1回分のコスト※ 277円

※1回分のコストは1か月1袋コースから算出

PFCバランス:製品30gあたり
タンパク質22.2g、脂質0.5g、炭水化物4.4g
パーフェクトパンププロテインのPFCバランス

肉体改造をするための成分がギュッと詰まった総合プロテイン

WPIホエイプロテインとマイセラカゼインプロテインを6:4の割合で配合したタイムリリース型プロテインです。

タイムリリース型とは、吸収スピードの異なるホエイプロテインとカゼインプロテインをバランスよく配合することで、体内のアミノ酸レベルをできるだけ長い時間高い状態で保とうと工夫した仕様のことです。

また、配合成分が多く、複数のサプリメントを個別にそろえるよりもコスパが良いのも特徴です。

つまり、パーフェクトパンププロテインは単なるプロテインではなく、本気で筋肉を成長させながらダイエットや肉体改造したい人にこそオススメです。

【配合成分】

パーフェクトパンププロテインパッケージ裏側

<抹茶ミルク味>
ホエイたん白、乳たん白、デキストリン、クレアチン、HMBカルシウム、大麦若葉、Lシトルリン、粉末油脂、抹茶加工品(デキストリン、抹茶)、抹茶パウダー、殺菌乳酸菌末、パン酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、ぶどう糖/L-アルギニン、甘味料(ステビア)、大豆レシチン、乳化剤、カゼインNa、香料、着色料(クチナシ)、L-グルタミン、ナイアシン、酸化防止剤(V.E、V.C)、L-ロイシン、パントテン酸Ca、L-バリン、L-イソロイシン、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12(一部に乳成分・大豆・りんごを含む)

<ミックスベリー味>
ホエイたん白、乳たん白、デキストリン、クレアチン、HMBカルシウム、Lシトルリン、粉末油脂、果汁混合粉末、マキベリー粉末、殺菌乳酸菌末、ぶどう果皮抽出物、りんご果皮抽出物、黒胡椒抽出物、パン酵母(亜鉛、マンガン、銅、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン含有)、ぶどう糖/酸味料、L-アルギニン、甘味料(ステビア)、香料、大豆レシチン、乳化剤、カゼインNa、L-グルタミン、ナイアシン、酸化防止剤(V.E、V.C)、L-ロイシン、パントテン酸Ca、L-バリン、L-イソロイシン、V.B6、V.B2、V.B1、葉酸、V.B12(一部に乳成分・大豆・オレンジ・キウイフルーツ・もも・りんごを含む)

プロテインの種類ホエイプロテインとカゼインプロテインの混合脂質0.5g(抹茶ミルク味)
0.4g(ミックスベリー味)
安全性・信頼性指定ドーピング禁止薬物検査済みカロリー110kcal(抹茶ミルク味)
109kcal(ミックスベリー味)
製造元国内注目の成分HMB、クレアチン、アルギニン、シトルリン、マルトデキストリン

パーフェクトパンププロテインおすすめポイント


  • WPIホエイプロテインとカゼインプロテインを配合したタイムリリース型
  • ボディメイクに有用な成分を多く配合
  • 本気で筋肉を鍛えながらダイエットに取り組む人にオススメ

コスパ最強!世界が認めたヨーロッパNo.1ブランド

マイプロテイン ダイエット応援大容量セット

MYPROTEIN
マイプロテイン ダイエット応援大容量セット
抹茶・ナチュラルチョコレート・ブルーベリーチーズケーキ・ストロベリークリーム・ミルクティ各1kg

購入価格 27720円 9990円

公式サイトで詳細を見る

1回分のコスト※ 50円

※1回分のコストは全総量を1回の目安(25g)で割って算出

PFCバランス:製品25gあたり
タンパク質21g、脂質1.9g、炭水化物1g
ImpactホエイプロテインのPFCバランス

良質で安全なプロテインを最安値で買うならコレ!

マイプロテインは最高品質のプロテイン、スポーツサプリメント、ジムウェアなど2,500点以上の商品を業界最低水準価格で購入できるヨーロッパNo.1のプロテイン通販ブランドです。

現在では、プロアスリートから、筋トレやダイエットに励む女性まで全世界で600万人以上のスポーツパーソンが使用しています。

1食あたりのタンパク質含有量が21gと高く、BCAA4.5gを配合しています。

また、低糖質な作りになっているので、1回当たりのカロリーも103kcalとダイエット中でも気兼ねなく飲めます。

製品はすべて自社工場で作られ、その商品は第三者品質承認機関によって厳しく管理されています。

Labdoor(スポーツ栄養に関する第三者機関)の評価も高く、世界アンチドーピング機関が指定する禁止物質が含まれていないことも確認しています。

また、このパッケージにはCLA(180錠)とL-カルニチン(180錠)、シェイカーがもれなく付いてきます。

【配合成分】

<ナチュラル・チョコレート味>
濃縮乳清タンパク (牛乳) (91%)、 乳化剤 (大豆レシチン)、 ココアパウダー、 香味料、 甘味料 (スクラロース)、ステビア

プロテインの種類ホエイプロテインとソイプロテインの混合脂質1.9g
安全性・信頼性ALS認定、Labdoor認定、Informed-Sport(ドーピング検査済み商品)、ESSNA(European Specialist Sport Nutrition Alliance)メンバー、EHO(Environmental Health Office)5つ星評価、英国小売協会からAAランク取得カロリー103kcal
製造元自社工場注目の成分BCAA、グルタミン、CLA、L-カルニチン

マイプロテイン ダイエット応援大容量セット


  • 1回当たりのコスパ最強!
  • 世界規模の品質管理と安全性に富み、信頼性も高い
  • まずはプロテインだけ試してみたい方におすすめ

まとめ

あなたにぴったりのプロテイン、見つかりましたか?

ただ、どんなに優れたプロテインを飲もうと、プロテインを飲むだけで痩せたり筋肉が付くことは決してありません。

プロテインに限らず、どんなに優れたサプリメントも飲むだけでダイエットできるような魔法の薬はありません。

栄養・運動・休養の3つが1つとなってダイエットもボディメイクも成功できます。

さぁ、プロテインを手に筋トレやエクササイズを楽しみながらダイエットに励みましょう!

ダイエットサプリを試してみたいなら定期縛りで損をするな!

ダイエットサプリをお得に試してみたいけど、「◯回以上の購入のお約束」って、まだ試してもいないのに決められないですよね。

そこでおすすめしたいのが、定期コースのお得な値段で購入の約束をしなくてよい「定期縛り」のないダイエットサプリ。

最初から割引価格で試してみて、自分に合っていればそのまま使えばよいし、合わなければ解約してしまえば良いのです。

もし定期縛りのあるサプリを途中解約すると、購入していなくても全ての商品の代金を定価で請求されてしまい、さんざんな結果に。

そこで定期縛りのないダイエットサプリの全口コミサイトを徹底解析し、本当に効果のあったものだけをリストアップしランキングにしてみました。

サプリメント歴14年の私が学んだ「ダイエットサプリの選び方で押さえておきたい3つのポイント」も合わせて紹介しています。

「とりあえず3つのポイントだけでも確認しておきたい」という場合でもOKなので、気軽に覗いてみてくださいね。

損をしないダイエットサプリを選ぶ3つのポイントとランキングを確認してみる


ルックルックイヌリンプラス

11091
基本情報
ジャンル食事サポート(糖質の吸収ゆるやかに、血糖値の上昇を抑える)
料金
(税込)
  • 1回目:2980円
  • 2回目以降:4276円
  • 定期縛りなし
成分イヌリン、玉ねぎ、ビフィズス菌、サラシア、桑葉、納豆(ナットウキナーゼ)、菊芋
1日の摂取
目安
1日6粒
1日当たりのコスパ128円
おすすめ
したい人
  • 根っからの甘党
  • 食事の制限が辛い
  • 甘いものが大好きだ
  • 何かと数値が気になる
  • 血糖値が気になりだした
  • お腹周りの脂肪が気になる
  • なかなか運動が続けられない
  • 糖質制限ダイエットに挑戦する
  • 健康診断結果にショックを受けた
  • 炭水化物は好き、でも糖質は抑えたい

ルックルックイヌリンプラスは、話題の成分「イヌリン」に6つの低糖サポート成分を配合した、糖質と戦うための良きパートナーとなってくれるサプリメントです。

ルックルックイヌリンプラスが1位にランクインした理由は、圧倒的な人気の高さ。

驚くべきは、口コミ数。なんと258件の口コミがあり、そのうち8割以上の人が高評価しかもリピート率も8割以上。

つまり、それだけ食事制限や血糖値に悩んでいる人たちの悩みと不安を解消している何よりの証拠です。

辛い食事制限から解放され、健康に対する安心感を得たい人におすすめです♪

ビルドメイク24

ビルドメイク24
基本情報
ジャンルアミノ酸系(プロテイン)
料金
(税別)
  • 1回目:4980円
  • 2回目以降:4980円
  • 定期縛りなし
成分ホエイプロテイン、ソイプロテイン、HMB(HMBカルシウムとして)、オリーブ葉抽出物エキス、L-カルニチン
1日の摂取
目安
1日23g
1日当たりのコスパ183円
おすすめ
したい人
  • 疲労感が残る
  • スポーツが好きだ
  • 運動は嫌いじゃない
  • 冷え性で手足が冷たい
  • 疲れにくい体づくり目標
  • 美容と健康も気をつけている
  • ソイプロテインを検討している
  • 太りやすく痩せにくくなってきた
  • 定期縛りのない商品を探している
  • ダイエットしても体重の減りが悪い

ビルドメイク24は、口コミでは85.7%の方が、医学誌に掲載された論文でも77.3%の被験者が「あ、効いてる!」と体感できたプロテインです。

実際に疲れが取れたり、カラダが引き締まっていく感覚を体感できることで、ダイエットに対するモチベーションも上がり、ダイエットは辛いものではなく、楽しく、結果にワクワクするダイエット環境を提供してくれるサプリメントです。

ビルドメイク24は体重・体脂肪に対するサポートだけでなく、日常の生活に欠かせないタンパク質を補給してくれることで、老いを感じず毎日の生活を豊かにしてくれます。

センシニティカプセル バーニングレッド

基本情報
ジャンル脂肪燃焼サポート系
料金
(税込)
  • 1回目:4320円
  • 2回目以降:5400円
  • 定期縛りなし
成分センシンレン、ググル、α-リポ酸、L-カルニチン、ビタミンB群、ビタミンC
1日の摂取
目安
1日4カプセル
1日当たりのコスパ162円
おすすめ
したい人
  • 疲労感が続く
  • スポーツが好きだ
  • 運動は嫌いじゃない
  • 冷え性で手足が冷たい
  • 代謝が悪いと感じている
  • お腹の脂肪が気になってきた
  • 2~3ヶ月のスパンで予定を組める
  • 太りやすく痩せにくくなってきた
  • 定期縛りのない商品を探している
  • ダイエットしても体重の減りが悪い

センシニティカプセル バーニングレッドは、脂肪燃焼をサポートしながら「あ、効いてる!」体感できるとサプリです。

実際に燃えている感覚を体感できることで、ダイエットに対するモチベーションも上がり、ダイエットは辛いものではなく、楽しく、結果にワクワクするダイエット環境を提供してくれるサプリメントです。

ダイエットはどうしても我慢の連続だったり、不安が大きくなったりと、ストレスのかかることが多いのも事実。

しかし、センシニティカプセル バーニングレッドは体重・体脂肪に対するサポートだけでなく、ダイエット中のストレスや不安までも一掃してくれる、ダイエットの強い味方になってくれることを全口コミ81%の人が感じています。

-なし

© 2020 ロジックダイエット Powered by AFFINGER5